菊池雄星が移籍!どんなチーム?これまでの所属や成績、年俸も気になる!

スポーツ

アメリカのプロ野球、メジャーリーグでプレーする菊池雄星投手。労使協定が合意にならず、移籍先が決まらない状態でしたが遂に決定しました!

今シーズンは1年を通しての活躍を期待したいところです!

そんな菊池投手について、移籍はどんなチームなのか?これまでの所属チームはどこか?そこでどんな成績を残したのかなど、「投手 菊池雄星」について詳細に知らない人も多いかと思います。

また、年俸はいくらなのかも気になるところですよね!

ということで今回は、菊池雄星投手に迫っていくことにします!

よろしければ最後までお読みください!

スポンサーリンク

 

プロフィール

https://images.app.goo.gl/ATYWzeHwepkAZsXM8

名前:菊池 雄星(きくち ゆうせい)
生年月日:1991年6月17日
年齢:30歳
出身:岩手県盛岡市
プロ入り:2009年ドラフト1位
投打:左投左打
ポジション:投手

高校は 東北屈指の名門、花巻東高校です。同じメジャーリーグで鎬を削る 大谷翔平選手と同じです。 1年次から投手として活躍し、甲子園も数多く経験。大会きっての好投手として注目を浴びました。

プロ入り後は埼玉西武ライオンズで活躍。2019年に海を渡り、現在はメジャーリーガーとして、並み居る強靭な打者たちと死闘を繰り広げています。

名門校で1年生からベンチ入りしているあたりから、プロ野球選手になる道筋はできていたかもしれませんね!甲子園でも度々注目されたことからも、投手としての能力の高さが伺えます!

遂に移籍先が決定!どんなチーム?

菊池投手の新天地が本日決まりました!

チームは、トロント・ブルージェイズです!メジャーリーグファン以外の方にはあまり馴染みがないチームかと思いますので、どんなチームなのか紹介します!

https://images.app.goo.gl/cQ6M4nuTMVj8BW5m8

球団名:トロント・ブルージェイズ(Tronto Blue Jays 略称:TOR)
創設:1977年
所属:アメリカンリーグ東地区
本拠地:カナダ トロント
ワールドシリーズ優勝:2回

現在のメジャーリーグはアメリカンリーグとナショナルリーグ(日本のセリーグ、パリーグみたいなもの)の15球団ずつからなる30球団で構成されていますが、その中で 唯一カナダに拠点を置くチームです。

ヤンキースやレッドソックスといった歴史のある競合チームと同地区に属しており、毎年厳しい戦いが繰り広げられる中で、 近年ではコンスタントに勝ち上がり、プレーオフにも進出するなど、決して弱いチームではありません。

昨シーズン、大谷選手と最後の最後までホームラン王争いをしたゲレーロJr.選手(2021成績 打率:.311 ホームラン:48本 打点:111)など、 若くて有望な選手が数多く在籍しています!

ゲレーロJr. https://images.app.goo.gl/Hr22iFQr7XRwwTFQA

彼らのようにこれから全盛期を迎える選手たちと共に、菊池投手も切磋琢磨して良い成績を残し、その年のメジャーリーグの頂点であるワールドシリーズ優勝を果たして欲しいですね!

ちなみに、 最近の日本人選手では、川崎選手(2013-2015)、現ヤクルトの青木選手(2017)、現巨人の山口投手(2020)がブルージェイズに在籍していました。

スポンサーリンク

 

これまでの所属チームや成績を振り返る!

菊池投手はこれまで、日本のプロ野球、アメリカメジャーリーグでそれぞれ1球団に在籍しています。そこでの成績を簡単に振り返ってみましょう!

埼玉西武ライオンズ

2009年ドラフト1位で入団後、2018年まで在籍しました。

2011年にプロ初勝利を挙げ、2013年には初のオールスターゲームに選出されましたが、故障などで苦しい時期が続きます。

それでも、2015年には当時左腕史上最速となる157km/hを記録するなど、速球派の投手として活躍を見せ始めました。

https://images.app.goo.gl/NXJQ8j4xivWxtgy46

その後、 2016-2018年は3年連続で開幕投手を務めるなど、チームのエースに成長。特に、2017年は最優秀防御率(1.97)、最多勝(16勝)を獲得するなど、圧巻の成績を残しました。

シアトル・マリナーズ

2019年にマリナーズに入団した菊池投手。デビュー戦はなんと東京ドームで開催され、イチロー選手の引退試合でもありました。

4月にメジャー初勝利、6月には完封勝利も記録しましたが、デビュー年の最終成績は、6勝11敗 防御率5.46と奮いませんでした。

https://images.app.goo.gl/guHudTwudu62hxvc8

2020年は短縮シーズンの中で、 監督から「球質が良くなった」と評価され、迎えた2021年。 前半戦は6試合連続で6回を3失点以内に抑えるクオリティスタートを記録するなど、安定した投球を披露。渡米後初のオールスター選出を果たします。

しかし、後半戦は思うような投球ができず、先発ローテーションから外れることもありました。

まだまだメジャーでは本来の力を出し切れていない菊池投手。環境が変わった今シーズンに心機一転して、1年を通した活躍を期待しましょう!

年俸が気になる!

菊池投手とブルージェイズとの契約は、 「3年総額3600万ドル(約42億円)」です。

報道によると内訳は2022年に1600万ドル(約19億円)、残りの2年間が年俸1000万ドル(約12億円)となっているそうです。

日本とは比べ物にならないお金が動くメジャーリーグですが、この金額に見合う活躍を見せて、実力を証明できることを期待しましょう!

スポンサーリンク

 

まとめ

まだまだレベルアップが期待できる菊池投手。西武時代のパフォーマンスを見せて、日本人左腕投手の評価を上げて欲しいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

合わせて読みたい↓

【DeNA開幕投手】東克樹の経歴やプロでの活躍が気になる!年俸も調査!
プロ野球2022年シーズンの開幕が間近に迫ってきた中、横浜DeNAベイスターズは、 東克樹投手を開幕投手に指名しました! プロ5年目で初の大役。 150km/hを超えるストレートと、評価の高いチェンジアップを中心とした変化球が特...
日ハム新庄監督の現役時代の成績を調査!所属チームや年俸も気になる!
今シーズンから北海道日本ハムファイターズを率いるBIGBOSSこと、新庄剛志新監督。スポーツニュースなどではその一挙手一投足が注目されています。 しかし、選手時代、どんなタイプでどんな成績を残したのか、どこのチームでプレーしたのかなど...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
kenkentrip1122をフォローする
青空トピック研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました