日ハム新庄監督の現役時代の成績を調査!所属チームや年俸も気になる!

スポーツ

今シーズンから北海道日本ハムファイターズを率いるBIGBOSSこと、新庄剛志新監督。スポーツニュースなどではその一挙手一投足が注目されています。

しかし、選手時代、どんなタイプでどんな成績を残したのか、どこのチームでプレーしたのかなど詳細に知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は新庄監督の現役時代について探ってみようと思います。

よろしければ最後までお読みください!

スポンサーリンク

 

プロフィール

https://images.app.goo.gl/VwUHWaWJJQFdxoCz8

名前:新庄剛志(しんじょう つよし)
生年月日:1972年1月28日
年齢:50歳
出身地:長崎県(育ちは福岡県)
身長:181cm
血液型:A型
愛称:プリンス、ツーさん、BIGBOSS
これまでの活動:野球監督、実業家、YouTuber、地方競馬全国協会(NAR)の馬主etc

野球に関することだけでなく、 かなり幅広く活動されているんですね!今年のキャンプでも、野球以外の競技で活躍された方を臨時コーチとして招くなど、様々な分野に興味を持ち、それを野球に生かそうとしている姿勢がよくわかります!

現役引退後は、 バリ島に移住もしていました!

プライベートでは、 2000年にモデルの大河内志保さんと結婚。夫婦揃ってテレビ出演するなどしていましたが、2007年に離婚しました。理由は、新庄さんがバリに移住することになったからだとか。

また、2019年には再び野球選手を目指してトライアウトを受けるなど、奇想天外な行動でも注目を浴びることが多いです。

今年は監督としてどんな楽しみを我々ファンに見せてくれるか期待しましょう!

メジャーにも挑戦!新庄監督が現役時代に所属したチームは?

新庄監督がプロデビュー時に所属していた球団は、阪神タイガースです。一軍初昇格は1991年9月。プロ初スタメンは、7番ショートでした!

敬遠球をサヨナラヒット https://images.app.goo.gl/xQviNNpD3tCGXUgA6

1993年にはシーズン100安打、チーム最多23本塁打を記録。また守備でもセンターとして、リーグ外野手最多の13補殺を記録してゴールデングラブ賞を受賞し、チームの中心選手に成長しました!

その後も、飛び抜けた成績を上げることはありませんでしたが、2000年まで、阪神で活躍。 敬遠球をサヨナラヒットにするなど、この頃から奇想天外なプレースタイルを確立していました。

2001年からはアメリカメジャーリーグに挑戦。3年間プレーし、メッツ、ジャイアンツ、そしてまたメッツと2球団を渡り歩きました。

https://images.app.goo.gl/kaEE5pdhFMXnT1p9A

1年目で 日本人初の4番を務めたり、ジャイアンツ時代には 日本人初のワールドシリーズにも出場するなど、大舞台でのプレーも経験。2002年は、オールスターファン投票で外野手部門4位に入るなど、アメリカでもファンを巻き込み楽しませる力を存分に発揮しました。

2004年、日本球界復帰後は北海道日本ハムファイターズへ入団。同年のオールスターゲームでは史上初のホームスチールを決めるなどはつらつとしたプレーは健在でした。

ファイターズでは、レフト森本、センター新庄、ライト稲葉という鉄壁の外野陣の一角をなし、チームを引っ張りました。そして、2006年、 チームの日本一達成と共に現役を引退。

印象的なプレースタイルや言動から「記録より記憶に残る選手」と言われていますが、まさにその通りですね!良い意味でファンや首脳陣の予想を超えるそのプレースタイルが、野球界を彩っていたように思います。

スポンサーリンク

 

現役時代の成績を調査してみた!

派手なプレースタイルや言動が目立つ現役時代の新庄選手でしたが、通算でどのような成績を残したのでしょうか。

まずは打撃面ですが、通算出場試合数(日米通算)は1,714試合、225本塁打、1,524安打、816打点。外野手部門でベストナインを3回受賞しています。

https://images.app.goo.gl/6qsPxj6732FaGYXE9

一方で守備面では、 ゴールデングラブ賞を10回受賞。これは歴代4位タイで外野手部門では歴代3位、そのうち7回を阪神時代に受賞していますがこれは球団歴代最多です。

その他、オールスターゲームMVPや月間MVPも複数回受賞。

打撃タイトルとは縁がありませんでしたが、中心選手の一人として記憶に残る活躍でチームに貢献し続けました。

こうして新庄さんの野球選手としてのキャリアを見ると、自分の性格や長所、他の選手と比べ秀でている部分を生かして長く活躍することも、立派な選手としての使命だと強く感じます。

年俸はいくらだったの?

まず、阪神時代の年俸ですが、最終年の2000年(28歳)が7,800万円でした。 同年オフに5年契約でおよそ12億円(平均年俸2億4千万)の提示をうけるもメジャー挑戦を選択。

そのメジャー1年目は、

・契約金:およそ3,300万円
・年俸:およそ2,200万円
・プラス出来高払い(5,500万円)の3年契約

でした。

その年活躍を見せ、 2年目では1億3,500万円と大台の1億円を突破したのです!

帰国後の日本ハムでは、引退年の2006年に キャリア最高の3億円を手に入れました!

また、年俸以外にもCMや広告に出演していた時もあり、 最高の年収は13億円にまで登ったようです!

スポンサーリンク

 

まとめ

タイトルこそ逃したものの、若くしてレギュラーを張り、メジャーにも挑戦、日本一も経験するなど、非常に魅力的な現役時代を過ごした新庄さん。

監督としても、札幌ドームで胴上げされる日が待ち遠しいです!

そのためにも、チームの大黒柱として自らの采配で選手を鼓舞し、てっぺんに立ってほしいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
kenkentrip1122をフォローする
青空トピック研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました