「バレンタインにチョコ」は日本だけ!?その意味やチョコ以外の贈り物は?

季節イベント

2月14日は皆さんご存じのバレンタインデーですね!年頃の男子やカップルはじめ、この日を楽しみにしている人も多いことだと思います!

しかし、「バレンタイン」の意味や由来、チョコを渡すことは日本独特の習慣であることなど、意外とバレンタインについて知らないこともありますよね!

ということで今回は、そのバレンタインの謎に包まれた部分や海外での風習について紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

 

意外と気になるバレンタインの意味・由来は?

バレンタインデーの歴史は古く、その起源はローマ帝国時代まで遡ります。
ローマ帝政時代にキリスト教の司祭として実在していた聖人ヴァレンティヌスの名に由来していると言われています。

当時ローマを治めていた皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残すことで兵士の士気が下がってしまうと考え、若い兵士の婚姻を禁じていました。

そんな若者たちを憐れみ秘密裏に挙式をおこなっていたのが、当時のキリスト教司祭ヴァレンティヌス。
二度と皇帝に背かないよう何度か警告を受けるも信念を曲げず、ついに死刑を命じられることになってしまいます。
2月15日の豊穣祭ルカペリア祭りの前日に、生贄として処刑されました。

もともと古代ローマにおいては、215日のルカペリア祭りや、その前日に当たる214日女神ユノー(結婚生活の守護神)の祝日は、男女の出会いの日として親しまれていました。
それが、恋人たちの愛のために犠牲となったヴァレンティヌスの逸話をきっかけに、キリスト教徒にも「恋人たちの日」として認知されるように世界に広まっていったと言われています。

今日では明るいイベントとしての位置付けが強いバレンタインデーですが、その始まりは一人のキリスト教司祭の死からはじまっているとは、どこか切なく感じられますね。ヴァレンティヌスの自らの命を省みない勇気ある行動のおかげで、恋愛や結婚という習慣が現代まで脈々と受け継がれてきているのかもしれません。

バレンタインにチョコを渡すのは日本だけ?他国のしきたりを紹介!

街もお店もバレンタイン一色でチョコレートの甘い匂いが至る所から漂う2月上旬ですが、この「バレンタインデーにチョコを渡す」という文化は実は日本ならではの文化だと知っていましたか?

海外では「愛の日」として認識されていて、男性から女性に贈り物をするのが主流です。なので、日本人女性が義理チョコを配るのを見て驚く外国人も多いのです。

日本でバレンタインデーにチョコレートを贈るきっかけをつくったのは、製菓会社だといわれています。

1950年代に大手製菓各社が、「バレンタインデーには、好きな人にチョコレートを贈ろう!」という広告を打ち出し、70年代に入ってから大ブームとなっていきました。

では、海外ではバレンタインデーはどのようなしきたりがあるのでしょうか?
事例を数カ国ピックアップして見ました!

フランス

フランスでは、「恋人たちのお祭りの日」で男性から女性にプレゼントをするのが習慣なのだとか。
当日、花屋には「愛してます」という花言葉を持つ赤いバラの花を買い求める男性が殺到するそうです。

アメリカ

アメリカのバレンタインでは、男性が愛する女性にチョコレートをプレゼントするのが一般的だそうです。チョコレートという点は日本と同じですね!

ただ、日本のように、友達にあげる義理チョコの風習はなく、愛する女性にだけ渡します。

また、男性は女性のためにレストランを予約し、チョコレートだけではなく、ジュエリーやぬいぐるみ、バラの花などもあわせて送るそうです。

スポンサーリンク

 

台湾

台湾は2月14日だけでなく、旧暦の7月7日にもバレンタインデーがあります。
男性が女性にバラの花を贈るのですが、1本なら「あなただけを愛している」、11本なら「一番好き」、99本なら「一生好き」、108本なら「結婚して」と本数によって意味が決まっています。

スコットランド

スコットランドは少し変わったバレンタインを過ごします。なんと、合コンが開かれるということです。

他国では、好きな人がいて成立するバレンタインデーですが、スコットランドでは必ずしも好きな相手がいなくてもOKな日なんだそうです。

このバレンタインデーの合コンで出会い、結婚する人も多いようで、きっかけづくりのような意味合いもあるのかもしれません。

以上、4カ国のバレンタインを紹介しましたが、日本がかなり独特なことに驚きでした。また、贈り物も「赤いばらの花」とかなりロマンチックなテイストで、中々レベルの高いことをするなあとリサーチしながら関心してました(笑)

「彼女に喜んでもらいたい」「好き、愛していることを伝えたい」など男性の思いを伝えることを社会が手伝ってくれる、バレンタインデーはそんな素晴らしい1日ですね。

チョコ以外にもらって嬉しい贈り物3選!

チョコを渡すのが一般的な日本ですが、それ以外にも贈り物としてどんなものがあるか気になりますよね!そんな方のために、男性がもらって嬉しい贈り物を5つ紹介します!

お酒や食べ物

甘いものが苦手な男性には、お酒やおつまみなどの食べ物が喜ばれます。お酒に関しては、ワインやウイスキー、日本酒など種類も豊富にありますので、事前に彼の好みをリサーチしておくと良いかもしれません!

仕事に役立つビジネスアイテム

ボールペンやネクタイなど、普段の仕事で身につけるものや使うアイテムも男性に人気があります!いくつあっても嬉しい靴下やネクタイ場の先輩や上司などにもうってつけではないでしょうか!

ファッション系のアイテム

まだまだ寒い季節が続く2月なので、セーターやマフラーといったファッション系のアイテムを大いに喜んでもらえそうですね!ものによっては自分とお揃いにするなどして楽しむこともできます。日頃から彼のファッションの好みなどを把握しておきましょう!

スポンサーリンク

 

まとめ(あとがき)

バレンタインデーも世界中で様々な楽しみ方があることがわかりました。女性にとっては、好きな男性や彼氏、夫に日頃の思いや感謝を伝えられる日ではないでしょうか。バレンタインデーをきっかけに、より関係性が深まり、これまで以上に素敵な関係性を築いていくための出発点となると良いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
季節イベント
kenkentrip1122をフォローする
青空トピック研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました