てぃ先生が保育士になったきっかけや名前の由来は?名言も話題に!

その他
https://images.app.goo.gl/qRdadP3vQBUc25ip8

2022年4月16日(土)放送の「世界一受けたい授業」に保育士の「てぃ先生」が出演します!

メディア出演。公演活動など、保育士としての経験をもとに様々な活動を行なっているてぃ先生ですが、保育士になったきっかけや、「てぃ先生」という名前の由来が気になりますよね?

また、SNS上に投稿する名言も話題になっています!

ということで今回は、てぃ先生について迫っていきます!

よろしければ最後までお読みください!

スポンサーリンク

 

プロフィール

https://images.app.goo.gl/qRdadP3vQBUc25ip8

本名:くらつ たかひろ
生年月日:1987年2月8日
出身地:千葉県

現在も都内の保育園に勤務しているてぃ先生。2012年からTwitterで園児たちの様子を呟き始めたところ、「かわいい」「癒される」「勉強になる」などと話題を呼びました!

 

2017年からはYouTubeチャンネルも開設し、保育に関する情報発信を行なっています!

Twitterのフォロワーは53万人、YouTubeの登録者数は59.9万人と、てぃ先生の保育に対する影響力はとても大きいことがわかりますね!

また、そのツイートを原作とした漫画「てぃ先生」のタイトルで「コミックフラッパー」にて連載されるなど、 執筆活動もされており、これまでに5本の著作があります。

 

 

その中には、発売から10日で計3万部の重版が決定するものもあったんだとか。

将来、 保育士がここで働きたいと憧れるような、プロ中のプロの保育士が集まる保育園を作ることを目標に掲げており、てぃ先生の今後の活動についても目が離せませんね!

今やかなり知名度も高く影響力のあるてぃ先生。保育に対して様々な問題意識を持っているからこそ、情報発信の必要性や将来への野心が生まれているのではないでしょうか。

保育士になったきっかけは何?

保育士として類を見ない活躍をされているてぃ先生ですが、そもそも保育士を志したきっかけはなんだったのでしょうか。

それは高校2年生の時まで遡ります。友人のほとんどが「とり得ず大学へ」という考えで進路選択していた中、てぃ先生は、 「自分の興味のない分野に進学しても時間の無駄になる」と考えたそうです。

https://images.app.goo.gl/72WsZKAieaVvr6oF6

また、父親の姿を見て、サラリーマンも楽しくなさそうに思えてしまったんだとか。

このように自分自身と向き合う中で、てぃ先生はあることに気づいたそうです。

それは、 「自分は小さい頃から子供が好きだった」ということ。

それを踏まえ、 将来は子供と関わり専門的な知識を必要とした仕事がしたいと、保育士の資格の取れる専門学校への進学を選択したのが、保育士を志したきっかけということだそうです!

高校生の時分にして、しっかりと自分と向き合い、趣味嗜好などを整理できるのは本当にすごいですね!

だからこそ、自分は何をすべきなのか、世の中にはどんな需要があるのかを把握でき、それがてぃ先生の現在の活躍を形作っているのだと思います!

スポンサーリンク

 

名前の由来が気になる!

本名はくらつたかひろさんですが、てぃ先生という名前には何か由来があるのか気になりますよね!

調べたところ、やはり自身の名前に端を発するとのことでした!

「たかひろ」という名前のイニシャルをとって「T」。それをひらがなにして「てぃ先生」となったようです!

初見で「てぃ先生」と目にすると「なんだこの名前は?」と感じる部分もありますが、ルーツがわかるとシンプルに納得できますよね。(笑)

SNS上での名言が話題に!

53万人のフォロワーを誇るてぃ先生のTwitterアカウントですが、日々のつぶやきの中には我々大人の日常生活においても参考となる、はっとさせられるツイートが多くあります!

その一部を以下にピックアップしてみました!

3つめのツイートなどは特に、現在子育て中の親御さんにはかなり有益なツイートですよね!

現役の保育士だからこそ、言葉の1つ1つに説得力が生まれ、それが多くのフォロワーを惹きつけている要因なのではないでしょうか。

まとめ

カリスマ保育士として、日々奔走されているてぃ先生!

その影響力の強さをこれからも存分に生かして、自身の夢の実現や一人でも多くの方が子育てや育児を楽しめるよう、頑張ってほしいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他
kenkentrip1122をフォローする
青空トピック研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました